美容師の気になる平均年収はどのくらい?

年収

美容師を目指す際には、就職時の「平均年収」を把握しておくこともポイントです。就職後の給料事情がわかっていれば、それに合わせた生活スタイルの確立や、キャリアプランを構築できます。しかし、具体的な平均年収がわからず、美容師としての将来に不安を覚えてしまう人も少なくありません。

本記事では「美容師の平均年収ってどのくらいなんだろう?」とお考えの方に向けて、平均年収の基本や年収アップの方法などを解説します。これから美容師を目指す方は、ぜひ平均年収などの給料事情をチェックしてみてください。

美容師の気になる平均年収はどのくらい?

美容師の平均年収は、厚生労働省発表のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)によると311万4,000円です。月収に関しては、25万5,100円/月という結果になっています。美容師の平均年収は近年の動向を見るに、少しずつ増加傾向であることがわかっています。そのため今後も美容師の平均年収は、さらに増加する可能性に期待できます。

一方で、年間賞与や特別給与額は、前年よりも減少しています。それにも関わらず平均年収が増加しているのは、所得税などが控除される前の月収自体が増加していることが、主な要因となっています。残業などの超過労働時間は減っているため、残業代による収入アップではないことがポイントです。ワークライフバランスが取りやすい環境が構築されつつ、かつ給料が上がっているという状況が、現在の美容師業界の特徴です。年収の高さだけでなく、プライベートを重視した働きやすい環境を求める人にとっても、美容師は魅力的な職業となりつつあります。

美容師の平均年収は他の職業と比べてどのくらい?

美容師の平均年収は、前述した通り311万4,000円です。一方で、日本の給与所得者の平均年収は441万円となっているので、比較すると少なく感じられるでしょう。

しかし、働き方によっては美容師でも、データとして提示されている平均年収を上回る年収を手に入れることが可能です。後述しますが、美容師にも多くの「役職」が存在し、昇格するごとに給料も上がります。美容師としてのキャリアを積むことによって、平均年収の増加にも期待できるのです。

また、美容師は独立して自分のお店を持てるため、実力や開業後の経営次第では、平均年収を超える収入の確保も目指せます。美容師として平均年収以上の収入を得たいのなら、昇格を目指した働き方の実践がポイントです。

おすすめの美容専門学校を見る▶

美容師の役職をご紹介

先に解説したように、美容師は役職によって年収が大きく変わります。以下では、美容師の仕事における主な役職を紹介します。

アシスタント

美容師は誰もがなれる職業ではなく、専門的な知識・技術が必要です。美容師の専門学校などで学び、国家試験に合格することで、ようやく美容室などに就職できます。就職してからは「アシスタント」として働き、美容師としての基本的な働き方を学びます。アシスタントは美容師という職業における最初の役職となるため、平均給与・月収は低めです。しかし、仕事のサポートを通してさまざまなことを学べるため、将来の昇格につながる大事な時期になるでしょう。

アシスタントの仕事

アシスタントの仕事は、接客・会計・掃除などが基本となります。カットやカラーなど、美容師らしい仕事を担当することは少なく、まずはお店を経営するための基礎を支える役割を担います。専門学校などで学んだ知識・技術を活かすシーンは少ないため、もどかしく感じられることもあるでしょう。しかし、アシスタントも美容室に欠かせない重要な仕事を担当するため、まずは目の前の仕事に集中し、少しずつ対応できる業務を増やしていくことがポイントです。

また、アシスタント時代から先輩の仕事を観察し、カットやカラーの練習を重ねておくことで、次の役職にステップアップしたときにスムーズに仕事ができます。

スタイリスト

美容師のアシスタントとして働いた次の段階では、「スタイリスト」として仕事をします。スタイリストとは、カットやカラーパーマ、ヘアセットなどを提供できる美容師です。アシスタント時代で多くの知識・技術を身につけておけば、スタイリストとして早くから活躍できます。

一般的には5年程度のアシスタント期間を経て、スタイリストになるケースが多いです。美容師は日々の練習が欠かせない職業と言われているため、研修やテストなどに積極的に挑戦し、スキルアップを目指すのも重要となります。

トップスタイリスト

美容師のなかでも、高いスキルを持って働ける人材は、「トップスタイリスト」の役職に就けます。トップスタイリストになるには。豊富な経験と高度な技術が求められるため、美容師にとっても憧れの役職です。トップスタイリストになるとお客様から多くの指名が得られたり、昇給して年収が増えたりといった多くのメリットがあります。
おすすめの美容専門学校を見る▶

店長などの経営者

美容師は上記の他にも美容室をまとめる店長や、経営者として働く道もあります。美容室の取締役なども務める代表や、オーナーなどの役職に就くことも可能です。役職者になると責任なども大きくなりますが、年収もアップするためやりがいが得られます。

美容師の平均年収を上げるために実践できること

美容師の平均年収を上げるには、スキルを磨いて周囲から評価され、役職に就くことが基本的なポイントです。少しずつステップアップして、美容師としての存在感を職場内で高めていくことが、結果的に年収アップにつながります。

その他にも、お客様から多く指名をとる方法が挙げられます。指名が多くとれる人気美容師になれれば、歩合制などによって収入が上がるケースが多いです。指名が多くとれるかどうかは、技術だけでなくコミュニケーション能力なども重要となります。美容師に求められる能力を改めて確認し、スキルアップを続けることが指名を増やすコツです。

また、美容師として独立し、自分のお店を持つという方法もあります。しかし、独立には多くの資金と経営ノウハウが必要になるため、まずは美容師として経験を積み、独立に向けた準備を進めるのが先決です。

まとめ

美容師は他の職業と比べると、平均年収が高くありません。しかし、平均年収はあくまで「平均」なので、努力と働き方次第で自身の年収を上げることは可能です。平均年収を上げるには、美容師としての技術を磨いてお客様からの指名を多くとったり、重要な役職に就いたりする方法が挙げられます。まずは主な役職を確認し、昇格のために必要な知識・技術の習得を目指してみましょう。

美容師を目指している方必見の情報を紹介中!!

美容師に向いている人とは
美容師を目指して日々勉学や技術の向上のため練習していると、ふと「美容師って自分に向いているのかな」と、漠然と不安になる事がありませんか? やはり器用な人や話し上手な人が向いているのだろうかと、色々な想像をしてしまいますが、実際はどんな人が...
美容師の志望動機のつくり方
美容師の志望動機って何だろう?美容師志望の方が履歴書を作成する際に、最初にぶち当たるのが美容師への志望動機です。 さて美容師の志望動機はどのようなものにしたらよいのでしょうか?迷いますよね。 美容師になりたい気持ちはあるけど、思いをどの...
気になる美容師の仕事とは?
美容師の仕事の内容について分かりやすく解説!美容室以外の活躍の場についても...!
美容師と理容師の違いとは?
意外と知らないかも...?美容師と理容師の違いについて分かりやすく解説!
意外と知らない?美容師のあるあるとは?
どんな職業にもその仕事に就いている人しか分からない「あるある」があるように、美容師にも「あるある」が存在します。 さぞオシャレなあるあるなんだろうと思いきや、意外とそうではないあるあるがたくさん。こちらでは、美容師ならではの「あるある」を...
美容師はどのくらい休みを取れるの?
毎日のようにお客様の美しさを引き出すお手伝いをしている美容師。朝から晩まで忙しく、休みは少なくあまり自由がないというウワサがありますが、それは本当なのでしょうか。 もし本当だとしても、今から美容師のお休み事情が分かれば覚悟ができます。また...
【給料】美容師の初任給はどのくらい?
お洒落・カッコイイ・綺麗などの華やかなイメージが大きな美容師ですが、体力勝負な仕事の上に給料は低いと言われています。華やかさとは裏腹に苦労が多いのが、美容師の現実なのです。 美容師の給料が低いなら「初任給はどうなるの?」と、不安に思う方は...
当サイト一番人気の学校とは?学費も安く効率良く学べるって本当?気になる学校詳細はコチラ▶
さっそく学校をCHECK!
当サイト一番人気の学校とは?学費も安く効率良く学べるって本当?気になる学校詳細はコチラ▶
さっそく学校をCHECK!