美容師になるには

美容師イメージ

美容師になるには、「美容師になるための方法」を理解し、必要な準備を進めることが必要です。美容師は人気と需要が高く、多くの人が就職を目指して日夜勉強しています。しかし、美容師になるための具体的な方法が分からないと、どのように努力すればいいのか判断できず、就職のタイミングが遅れてしまう可能性もあります。「美容師になりたい!」「美容師に興味があるかも…」と考えているのなら、美容師になるにはどうすればいいのか、きちんと把握することがポイントです。

本記事では、「美容師になるには何をすればいいのか」「美容師になるにはどんな道があるのか」といった基本を紹介します!女性・男性に関わらず、ヘアアレンジやへアセットが好きな人は、人の印象を大きく変えるヘアスタイルに携われる美容師になる方法をこちらでご確認ください。

美容師になるには ~美容師の仕事とは~

美容師になるには、まず国家資格である「美容師免許」を取得しなければなりません。美容師免許を取得するには条件があり、具体的には「厚生労働省指定の美容師養成施設を卒業し、国家試験に合格する」必要があります。厚生労働省が認定している美容学校は、主に以下の3つに分類されます。

〇昼間部2年間
〇夜間部2年間
〇通信科3年間

いずれかの学科で所定の年数とカリキュラムを修了することで、美容師免許試験の受験資格が得られます。

美容師養成施設の卒業は、美容師になるための必須条件ですが、卒業だけで美容師免許は取得できません。卒業に合わせて美容師の国家試験を受験し、合格基準を満たして免許を取得する必要があります。試験には筆記試験と実技試験の2種類があり、両方に合格する必要があります。筆記試験の科目には、以下の内容が含まれます。

・関係法規、制度
・公衆衛生
・環境衛生
・感染症
・衛生管理技術
・人体の構造及び機能
・皮膚科学
・香粧品化学
・美容の物理・化学
・美容理論の課目
など

それぞれの科目から出題される問題を解き、60%以上の正答率を得ることで合格できます。

実技試験は第1課題「カッティング」と、第2課題「ワインディング」もしくは「オールウェーブセッティング」に分かれています。試験は減点方式で行われ、「衛生上の取扱試験」の減点が20点以下かつ、「基礎的技術試験」の減点が第1課題・第2課題ともに30点以下であることが条件です。

美容師免許の取得後には就職し、実践経験を積んでいきます。美容師免許があるからといって、すぐに自分の好きな形で働けるわけではありません。美容師は経験がものをいうので、就職してからは見習いとして下積みをする必要があります。

おすすめの学校を見る

美容師免許取得は難しい?

美容師免許の試験は毎年2回行われており、2月と8月に受験できます。一般的には、美容学校に在学している2月に試験を受ける学生が多いです。合格率は2月の試験で約80%前後、8月の試験で40%〜60%程度となっています。

試験に合格できなければ、翌年の試験まで待つ必要があるため、合格難易度がさらに高まってしまいます。担任の講師や同級生に相談できる在学中に合格を目指すことが、試験難易度を下げるコツです。そのため、いかに在学中に知識と技術を身に着けられるかが、合格のカギとなります。

美容師に向いている人

美容師を目指す際には、「美容師に向いている人の特徴」を把握し、自分自身の性質と照らし合わせることもポイントです。自分が美容師に向いている人だと分かれば、就職に向けたモチベーションが高まります。逆に美容師に向いていない場合でも、勉強して改善していくことで、「向いている人になる」ことができます。

以下を参考に、まずは美容師に向いている人の特徴をチェックしてみてください。

コミュニケーション能力が高い人

美容師になるには、コミュニケーション能力が必須と言えます。お客様の要望を的確に理解し、ニーズに合った対応と環境の提供が美容師には求められます。そのためコミュニケーション能力が高く、お客様から要望を引き出す技術に長けている人ほど美容師に向いています。

長い時間を過ごすことも珍しくない美容室では、お客様が退屈しないように会話を広げて楽しませたり、くつろげる時間を提供しなくてはなりません。その際にもコミュニケーション能力は重要なスキルとなり、仕事に役立てることが可能です。コミュニケーション能力に自信がない人は、今から積極的に周囲と会話をし、距離感の確認や会話術の勉強などをするのがおすすめです。

臨機応変に対応できる人

髪はお客様によって特徴が異なるため、一人ひとりの状態を見極めて、それぞれに合った対応が求められます。そのためお客様の髪のクセや性質に合わせて、臨機応変な対応ができる人ほど美容師に向いています。瞬時に何を優先させるべきか判断し。実行に移せる能力も必要です。対応力を高めるために、普段から観察と分析をする癖をつけて、仕事で上手く立ち回る方法を学ぶのがおすすめです。

以下の「美容師に向いている人とは」の記事では、向いている人の特徴をさらに深堀して解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

美容学校の選び方

美容師免許の試験にパスできなければ、翌年まで時間を費やす必要があります。何としても初回の試験で合格できるように、学習環境が充実している美容学校を選ぶのがポイントです。

美容学校を選ぶ際には、美容師免許試験の合格率と就職状況のチェックが重要です。試験の合格率が高い学校では、美容師免許の取得に必要な知識・技術の習得に向けて、徹底的な支援が実施されているとわかります。また、就職率が高い学校であれば、就職活動におけるさまざまなサポートを行ってくれる可能性が高いです。職場の選定や面接の練習など、卒業後の就職に向けた準備をスムーズに進められるでしょう。

まとめ

美容師は、美のトータルケアを行うプロとして活躍できる職種です。そんな美容師になるには、美容学校に進学して国家資格である美容師免許を取得してから、就職活動をする必要があります。美容学校への進学時には、試験の合格率や就職率、オープンキャンバスで学校の雰囲気などを事前に確かめることがポイントです。

この機会に美容師になるための方法と、最適な美容学校選びのポイントをチェックしてみてください。
おすすめの学校を見る

美容師を目指している方必見の情報を紹介中!!

美容師に向いている人とは
美容師を目指して日々勉学や技術の向上のため練習していると、ふと「美容師って自分に向いているのかな」と、漠然と不安になる事がありませんか? やはり器用な人や話し上手な人が向いているのだろうかと、色々な想像をしてしまいますが、実際はどんな人が...
美容師の志望動機のつくり方
美容師の志望動機って何だろう?美容師志望の方が履歴書を作成する際に、最初にぶち当たるのが美容師への志望動機です。 さて美容師の志望動機はどのようなものにしたらよいのでしょうか?迷いますよね。 美容師になりたい気持ちはあるけど、思いをどの...
気になる美容師の仕事とは?
美容師の仕事の内容について分かりやすく解説!美容室以外の活躍の場についても...!
美容師と理容師の違いとは?
意外と知らないかも...?美容師と理容師の違いについて分かりやすく解説!
美容師の気になる平均年収はどのくらい?
美容師を目指す際には、就職時の「平均年収」を把握しておくこともポイントです。就職後の給料事情がわかっていれば、それに合わせた生活スタイルの確立や、キャリアプランを構築できます。しかし、具体的な平均年収がわからず、美容師としての将来に不安を覚...
意外と知らない?美容師のあるあるとは?
どんな職業にもその仕事に就いている人しか分からない「あるある」があるように、美容師にも「あるある」が存在します。 さぞオシャレなあるあるなんだろうと思いきや、意外とそうではないあるあるがたくさん。こちらでは、美容師ならではの「あるある」を...
美容師はどのくらい休みを取れるの?
毎日のようにお客様の美しさを引き出すお手伝いをしている美容師。朝から晩まで忙しく、休みは少なくあまり自由がないというウワサがありますが、それは本当なのでしょうか。 もし本当だとしても、今から美容師のお休み事情が分かれば覚悟ができます。また...
【必見】美容師独立のために知っておきたいこと!
最初はどこかのサロンで働いて修行をし、ゆくゆくは独立して自分のお店を持ちたいという夢を持っている方は少なくないのではないでしょうか。 夢を持つことは素敵ですが、ただ夢を持つだけでは独立するのは難しいもの。現実とは厳しいのです。 ...
【必見】働きながら美容師免許は取れる?
働きながら美容師免許は取れるのでしょうか? 今は別の職業についていても、将来的には美容師免許を取得し、美容師の道を歩みたいと考えている人もいらっしゃると思います。 もちろん、美容師として働くためだけでなく、美容師免許が必要になるアイリス...
【必見】主婦でも美容師になるには
主婦で美容師を目指したい方に向けて、効率良く美容師になるための方法をご紹介します! 結論から先にお伝えすると、主婦で美容師になるには美容学校の通信制度の活用が効率的でオススメです!これから美容師を目指したいと考えている主婦の方は、ぜひこち...
【最短】美容師免許を取得する方法をご紹介!
美容師になるためには、専門の科目を学び、国家試験に合格する必要があります。 美容師免許を最短で取得する方法をご紹介します!
【必見】主婦でも美容師になるには
主婦で美容師を目指したい方に向けて、効率良く美容師になるための方法をご紹介します! 結論から先にお伝えすると、主婦で美容師になるには美容学校の通信制度の活用が効率的でオススメです!これから美容師を目指したいと考えている主婦の方は、ぜひこち...
【必見】美容師免許を取得する方法とは?
美容師の夢を叶えるには、数々の条件があるので、しっかり美容師として活躍するための進路や進学先の計画を考える必要があります。 今回の記事では美容師として活躍するために必要な美容師免許の取得方法や進路の例をご紹介していきます。 将来、美容師...
【気になる】美容師免許の難易度は?
美容師になるには、あまり学歴は重要ではないので、免許の取得は簡単だと一部で言われています。 しかし、美容師への道は決して楽なものではありません。 しっかり美容学校で知識をつけ、技術を磨き、国家試験を受験して合格することでようやく美容師に...
404 NOT FOUND | 大阪美容学校学費安いランキング
大阪にある学費の安い美容学校10選!
【気になる】美容師免許はどのくらいで取れる?
美容師免許を取得するためには、国家試験を受験し合格しなければなりません。 国家試験というと、難しくてなかなか受からないようなイメージがありますが、しっかり勉強していれば美容師免許の取得は難しくないと言われています。 もし国家試験を一...
【気になる】美容師免許の合格率は?
美容師免許は国家試験を受験し合格することで取得できます。 「国家試験の割には、美容師免許は楽にとれる」「勉強ができなくても美容師免許はとれる」美容師免許の取得難易度は、とても低いものというイメージを持つ人は少なくありません。 しかし...
美容師の開業に必要な2つの資格とは?美容師免許と管理美容師免許の違い
美容師として長く働き実力がついてくると、指名をたくさん貰えるようになり「そろそろ独立したい」と考えるようになる方は少なくありません。 ただ、将来独立したいと思っていても、指名が貰えないようではお店を持っても長く続かない可能性が高いです。 ...
【必見】介護美容師とは?
介護美容師とは、介護を必要とする方のヘアカットなどを行う美容師のこと。介護が必要な方のヘアカットに携わるため、とてもやりがいがある職業です。美容師といえば就職先はお洒落なお店というイメージが強いですが、主に介護施設で働くこともできます。 ...

おすすめの学校を見る

当サイト一番人気の学校とは?学費も安く効率良く学べるって本当?気になる学校詳細はコチラ▶
さっそく学校をCHECK!
当サイト一番人気の学校とは?学費も安く効率良く学べるって本当?気になる学校詳細はコチラ▶
さっそく学校をCHECK!